めざせアトランタでPart-Time MBA
アトランタ駐在、ビジネススクール合格/MBAを目指し奮闘する日々を綴るblog
PROFILE
TAROH
  • Author:TAROH
  • GEORGIA州ATLANTAの日系企業に勤務する今年米国駐在6年目を迎えるサラリーマン32歳。ローカルビジネススクール入学とパートタイムでのMBA取得を目指し日々奮闘中。妻子供2人と共に2004年7月SOUTH CAROLINA州よりGEORGIA州へ引越し、現在に至る。横浜市港北区出身。大学時代は体育会系運動部に所属、運動に明け暮れる日々を過ごす。成績不振のためGMATでの挽回を期す。趣味はダイビングとテニス。
  • RSS1.0
  • CALENDAR
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    RECENT ENTRIES
  • 博打?(11/06)
  • 第一回GMAT(大敗)(11/05)
  • 来客(10/18)
  • これだから分らない株(10/03)
  • Myrtle Beach Trip(09/26)
  • またしても(09/21)
  • Ishares MSCI Brazil(09/18)
  • Huntsville Trip (09/13)
  • デルタ航空の危機(09/12)
  • Aftermath of Katrina(09/05)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (2)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (9)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (8)
  • 2005年04月 (13)
  • 2005年03月 (9)
  • CATEGORY
  • General (50)
  • TOEFL (5)
  • MLB (2)
  • Stock (2)
  • Brazil (2)
  • Atlanta (2)
  • LINKS
  • TOEFL 無料Structure演習
  • Robinson College of Business
  • MLB.TV
  • SEARCH

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    第1回TOEFLスコア
    第一回目TOEFLのスコアが送られてきた。

    結果は以下の通り。

    L25, S/W 26, R 25, TWE 5.0 Total 253 

    TWEが5.0とは全く信じられない話である。

    試験後は完全に失敗したと思っていたからだ。

    この試験では途中でポジションを変更したために第3パラグラフ辺りで時間がなくなり、残り30秒で結論をまとめるという失態を演じてしまった。内容も薄っぺらいと思ったし、結論もまとめきれていなかった。正直試験が終了した時点ではせいぜい2.5~3.0程度だろうと心底思っていた。帰りの車でも溜息ばかりついていたように思う。それが5.0とは、、、俄かに信じ難い。

    ただ、ここ2週間の間にScore It Nowの演習をやってみて思ったことは、内容は大したことはなくてもテンプレートに沿って5パラグラフくらいにまとめることが出来れば、確実に4.0は取れるだろうということ。又、文章量を多くすることによってもスコアはアップすると思う。ついでに言えば、反対意見に対する一定条件下での賛同意見を入れることで(自分の場合は第3パラグラフ)更なるスコアアップが可能だということ。

    一昨日に受けた第2回目のTWEの仕上がりは、5.0であった前回と比較にならないほどの文章量と内容でまとめることが出来たので、恐らく5.5、運が良ければ6.0のスコアを獲得することが出来るだろう。

    ちなみに下記の2エッセーが実際にScore it Now!で6.0だった原文だ。全て一定のテンプレートに沿って書かれたものであり、大した内容でもないし実際にミススペルも多いがE Raterのスコアは6.0である。

    エッセー1
    Topic:
    It has been said, "Not everything that is learned is contained in books." Compare and contrast knowledge gained from experience with knowledge gained from books. In your opinion, which source is more important? Why?

    Your Answer:
    Some people think that the knowledge gained from books is more important because it will become part of your basic principle of your life, meanwhile others may sight that the knowledge gained from the experience is more important due to the reason that there are things that could not be taught from the books by going through special experience unique to each indivisual. In my view, I think the knowledge gained from the experience is more important. I would like to explain the reasons to support my view.

    The main reason for my view is that you can learn things that you cannot gain from the books. For example, imagine when you have to do the first presentation in front of everyone in your office and you have read the book about how to make your presentation successful, so you though you co do better. When you stated talking to the audience you have come to surprise yourself how much your heart is beating. Your bed time book didn't help you at all. You had screwed up the presentation because your scenario had collapsed by your emotional disturbance. However once you got through all this, you know that you need to get yourself prepared in order not to get your emotion bother you too much and you may be in control. Since books won't know what's on your mind, only the experience will improve your knowledge.

    The second reason for my view is that knowledge from the book may not stay in your brain for long. In another words, anything you gained from the book may be forgotten overtime if you put too much stuffs into your memory. To the contrary, when you gained some knowledge through your experience, it is likely that you keep those events in your memory and be able to utilize it next time the same situation comes up.

    Although, admittedly there are knowledge that can only be gained through the books such as accounting or finace knowledge. These mathmatical skills can only be gained with the books and so I agree to the books partly on above view point. However, my poisition is more emphasized on the knowledge gained from the experience.

    In sum, I would strongly agree that the knowledge gained from the experience is more important to the knowledge gained from the bookes based on the reasons I mentioned above. The experience will better enrich my life.


    エッセー2
    Topic:
    Some people think that governments should spend as much money as possible on developing or buying computer technology. Other people disagree and think that this money should be spent on more basic needs. Which one of these opinions do you agree with? Use specific reasons and details to support your answer.

    Your Answer:
    Whether the goverment should spend a lot of funds to develop or purchase computer technology or should spend on more basic needs depend on the situation for each contry. In my view, I agee that the goverment should spend more basic needs rather than spending money for development of computer technology etc.

    The main reason for my view is that there are more important sectors to use government's money. Needless to say that the goverment's money mainly comes from the tax payer's money. For example, Japan has already been advanced in the computer technology area and that there are different areas to which this country should look into spending the available money. The money should be used efficiently and wisely. Putting extra money on the existing techonlogy is not good. One sector which Japan should spend money is education. The recent world rankings in the math area of middle school children, Japan ranked at number 5. Just few years ago, Japan's rank was number 1. Within the few years, other coutries in Asia made it to the top rank in the math category. Japan's government should use more money in the education sector to develop and improve the math skills of younger childern. Another area is the natural resources. Japan is a country with less natural resources available. However in the recent scientific reseach revealed that there may be a huge amount of natural resources that can be taken from the deap ocean sea. The goverment should put more money into research and development of Japan's sea for investigation of the natural resources.

    Another reason for my view is that most of the goverment already has the computer system in place and does not require much of the development or purchase of the technology.

    However, I admit that the computer is not only an essential tool for the goverment but also important for all the people living in the country. I do not disagree 100% that the money should not be used in the computer technology. The money is required to maintain the computer technology such as upgrading to the new version. However, substantial level of money should not be used.

    In sum, I agree to the position that the money should be spend on more basic needs. There are more important areas to use money rather than the computer systems, as I mentioned above.
    スポンサーサイト
    【2005/04/12 10:38】 TOEFL | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    第2回TOEFL
    今日は朝5:50に起きて第二回目のTOEFLを受けに行った。

    前回は試験会場までの道を間違えてしまい、試験前に不要なストレスをかけてしまっていたのだが今回は同じ会場ということもありdistractされずに済んだ。

    ストレス・フリーの状態で試験に臨むということは非常に重要なことである。道を間違えた前回は、まず高速のExitを見過ごし、次のExitで降りてUターンして再び高速に乗り直すものの目的のExitで降りて再びロスト、これに時間への焦りも加わって、随分と脳ミソのエネルギーを消耗してしまったことを思い出す。

    又、試験会場について言えば、勝手が分っているのと分らないのということだけでも、実に些細なことだが、少なからず精神面に影響を及ぼす。今日は一度受けている試験場だったので手順も分っておりスムーズ且つ気楽に試験に入ることが出来た。

    試験前は、試験その物に対するストレスは避けようがないが、それ以外の要らぬストレスは可能な限り排除することを心がけるべきだ。脳ミソに蓄えたエネルギーを試験前に使ってはそれこそ勿体ない。これも一つの試験対策であると言える。

    試験直前に例のアドレナリン・ラッシュを流し込み、効き目が出てくるまでTutorialをゆっくり進めながら本番に向った。

    さて、肝心の試験の結果だが、自分でも非常に満足のいく結果を出すことが出来、大変嬉しく思っている。

    前回は、L25, S11-28, R25 203-260 (pending TWE score)

    今回は、L28, S11-28, R30 230-287

    TWEは前回失敗した反省も込めてリベンジを誓った甲斐もあり完成度の高いものに仕上げることが出来た。事前にScore It Now!で文章量や文体に対するE-Raterの評価を確認していたので、今日の出来から言えば、良いスコアを期待できるのではないか。

    Listening 28
    Section 1は最初の10問全てを正解させることに集中した。何問目だったかまでは思い出せないが、途中でレベルが下がったのだろう、後半は楽になった。Section2のLectureとLong ConversationのMix問題は特にLectureが滅茶苦茶長く苦戦させられた。CBTのレベルが上がっていたのだろう。正直結果を見るまでは余り自信が持てなかった。

    Structure 11-28
    いきなり一問目で悩んだ。スコアは前回と同じであったが、全般的に前回よりも難しく感じた。時間も余り残らなかったし4問程度は回答に自信が持てないものがあったと記憶している。

    Reading
    ここ2週間の間に取り組んでいた単語の勉強が効果として現れた。
    更に"THE GOAL"(Eliyahu M.Goldratt著)を毎日読んで読むスピードをアップさせて来たこともスムーズな読解の結果につながったのだと思う。又、練習ではミスが多かった質問文の意図の取り違えによるうっかりミスを防ぐため、見直し時に問題文をもう一度深く読み込んで確認するようにした。案の定2問ほどうっかりミスを発見した。

    TWE
    Introduction、Body 1、2、3、Conclusionとしっかり5部構成でまとめ、各paragraphも5-6行は書いた。比較的書き易いTopicが出題されたことも文章量につながったのだと思う。

    以上、TWEのスコア待ちではあるが、自分の中では事実上TOEFLは完結したと思っている。これでGMATへ完全集中することにする。











    【2005/04/10 02:38】 TOEFL | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    Score It Now! No.2
    2回目のScore It Now!をやってみた。昨日同様、時間制限付きでやってみた。万が一時間をオーバーした場合でも強制終了にはならないので時間に気を配りつつ緊張感を持って臨んだ。

    結果は6.0

    2日連続で6.0を出せたので、自分なりにどう書けば一定以上のスコアが出せるのか完全に感覚を掴むことが出来た。このScore It Now!は試験の臨場感そのままに受けられるので非常に良い練習になった。

    今回の結果も又E Raterのスコアであることに変わりはないので、採点者のスコアとどの程度のギャップが出てくるのか分らないが、書くボリュームさえ確保できれば、今の文章体や構成で特に問題はなさそうだ。後はトピック次第だと思う。そのトピックに対してどれだけ具体例が出せるかである。もし得意な分野(というかネタを沢山持っている)トピックが出題されれば高得点を出す自信はある。

    自分は運がいい方なので、明日は是非得意分野のトピック出題を期待したい。

    明日は気合で250突破を目指す。

    【2005/04/09 08:31】 TOEFL | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    Score It Now!
    今週末再びTOEFLを受けることにした。

    初受験から2週間しか経過しておらず、未だスコアも送られて来ていないのだが、これから毎月受験することに決めたこと、スケジュール的に9日しか空いていなかったことが主な理由だ。

    前回の試験では、AWAで結論を書き切れずに撃沈した(と思っている)が、今回は僅かな時間の中でエッセーの練習をしている。

    今回試しにETSのScore It Now!と呼ばれるAWAのグレーディングサービスを使ってみた。トピックは自分で選ぶことが出来るので、前回しくじったAgree Disagreeのトピック選び、制限時間付きの試験バージョンでやってみた。

    結果は予想外の6.0。 本番はE Graderと試験官の平均点らしいので今回のようにうまく行くとは思わないが、ライティングの結果に多少の安心感を持つことが出来たのは収穫だった。

    Score: 6

    Explanation of Score:

    A typical essay at this level:
    * effectively addresses the writing task
    * is well organized and well developed
    * uses clearly appropriate details to support a thesis or
    illustrate ideas
    * displays consistent facility in the use of language
    * demonstrates syntactic variety and appropriate word
    choice, though it may have occasional errors

    個人的にAWAは下記のポイントを押さえれば高得点が望めると思う。

    ①テンプレートを決めて、それに沿って書く
    ②テンプレートはイントロ、ボディー1、2、3、結論の5部で構成させる
    ③ボディー3で反対意見への賛同を示す(ある条件でのみ)
    ④英語のイディオムを頻繁に盛り込む(Not only but also等)
    ⑤当たり前の事だが、5分ほど見直しして、スペルミスの訂正や 全体を見栄えをよくするよう心がける

    Score It Now!で使ったテンプレート

    イントロ
    Whether_______and _______depends on _______.
    In my view, _____________.

    ボディー1
    The main reason for my view is that __________.
    For example__________. Another example is that_________.

    ボディー2
    Another reason for my view is that ___________.

    ボディー3
    However, admittedly ___________therefore I am not in a complete disagreement with ________.
    But____________.

    結論
    In sum, I agree to the position that __________. As I mentioned above___________.

    しかし反省点すべき点は多い。

    今回ボディー1で具体例を2件述べたが、その量が多くなり過ぎて、ボディー2の内容が非常に短いものになってしまった。
    ボディー1の具体例を1件に押さえ、ボディー2の量を調整するべきだった。又、ボディー3の反対意見への協調性の箇所ももう少し書き足せれば良かったと思う。

    以上次回のTOEFLは250点突破を目指す。



    【2005/04/07 07:00】 TOEFL | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    第1回TOEFL
    今日TOEFLを受験した。

    自宅から片道49マイル、1時間かけてDecatur近くのThomson Prometric Centerまで行って来た。

    TOEFLを受験したのは今回が初めてだが、帰りの車中では何度も溜息をついていたと思う。

    結果は、L 25, S 11-28, R 25 の203-260 。

    Listening, Structure, Reading までは順調に進んだが、最後のTWEでしくじってしまった。

    簡単なテンプレートを書いたまでは良かったが、Argumentでいづれかのサイドを選択する際に迷いが生じ、その迷いから途中でサイドを変更するという失態を犯してしまった。

    苦手なsubjectではあったが、ここまで酷いと言い訳にならない。

    そもそも最初の時点で構想を練りきれなかったのが拙かったのだが、そのまま流れに任せて書き始めてしまったので途中で時間が足りなくなってしまった。

    結果的に残り30秒で結論を書き殴るという事態になり、挙句の果てにミススペルも犯して尻切れトンボ状態。途中でストーリーに変更を加えたので、今回は結論を先に書いておくこともせず、又スペルミスを訂正する暇もなく敢え無く撃沈した。

    本当に最悪である。恐らく2.5位のスコアになってしまうだろう。

    GMAT AWA対策を未だ始めていないということもあるが、余りにも酷かったと思う。

    30分という制限時間の中では、予め自分の懐に沢山のネタを詰め込んで来ないと勝負にならない。

    エッセーの模範解答集を買ってネタのストックを増やして行くことにする。

    TWE以外については、

    Listening
    Lectureの問題で躓いた感があるが、25をキープ出来れば御の字だ。Listeningは定期的にPowerprepで練習するのみとする。

    Structure
    引き続きGMAT SC対策に付随する形で取り組むことにする。

    Reading
    単語力が全てだろう。パッセージ、設問共にGMAT RCの足元にも及ばないレベルだが、今日は同義語問題で何問か落としたはずなので、これさえクリアできれば25以上へのスコアアップは十分可能であると思われる。

    単語対策としては、今の所Essential Words For The TOEFL と The Ultimate Verbal and Vocabulary Builderをやっており、前者はTOEFLでの取溢し防止用に、又後者は本格的なGMAT対策用として取り組んでいる。特に後者は知らない単語が殆どである。

    自分としては、あくまでもGMAT対策をメインに据えていくつもりであり、TOEFLはそれに付随する形で進めようと思っている。全てとまでは言わないがGMATでの実力がついてくれば、TOEFLも自然にアップするという考え方である。

    4月にはブラジル、デトロイト出張が組まれているし、2大学のOpen Houseも予定されている。おまけにNew Fiscal Yearという事で皆張り切っているが、かく言う自分は疲れ切っているので、何とか4月を持ち堪え、5月のGMAT第一回試験に望みたい。

    ここらで正念場と言いたいところだが、BSへ通い始めることになれば、この程度は笑って済まされるようなことだろうと思うので
    危機感を持って引き続き取り組んでいくことにする。














    【2005/03/27 08:03】 TOEFL | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。