めざせアトランタでPart-Time MBA
アトランタ駐在、ビジネススクール合格/MBAを目指し奮闘する日々を綴るblog
PROFILE
TAROH
  • Author:TAROH
  • GEORGIA州ATLANTAの日系企業に勤務する今年米国駐在6年目を迎えるサラリーマン32歳。ローカルビジネススクール入学とパートタイムでのMBA取得を目指し日々奮闘中。妻子供2人と共に2004年7月SOUTH CAROLINA州よりGEORGIA州へ引越し、現在に至る。横浜市港北区出身。大学時代は体育会系運動部に所属、運動に明け暮れる日々を過ごす。成績不振のためGMATでの挽回を期す。趣味はダイビングとテニス。
  • RSS1.0
  • CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    RECENT ENTRIES
  • 博打?(11/06)
  • 第一回GMAT(大敗)(11/05)
  • 来客(10/18)
  • これだから分らない株(10/03)
  • Myrtle Beach Trip(09/26)
  • またしても(09/21)
  • Ishares MSCI Brazil(09/18)
  • Huntsville Trip (09/13)
  • デルタ航空の危機(09/12)
  • Aftermath of Katrina(09/05)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (2)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (9)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (8)
  • 2005年04月 (13)
  • 2005年03月 (9)
  • CATEGORY
  • General (50)
  • TOEFL (5)
  • MLB (2)
  • Stock (2)
  • Brazil (2)
  • Atlanta (2)
  • LINKS
  • TOEFL 無料Structure演習
  • Robinson College of Business
  • MLB.TV
  • SEARCH

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    プレゼンテーション
    只今午後9時、ブラジル出張用のプレゼン作成に取り組んでいるが少し休憩にと思いブログを書いている。現地代理店に対するトレーニング用のプレゼン資料なのだが、現時点で63枚完成、残りおよそ20枚というところである。明朝から上司とのレビューを行う予定なので今日中に仕上げなければならない。

    来週(火)から始まるブラジル4日間の旅は午前中がプレゼンテーション、午後が客先訪問というスケジュールになっているので恐らくアトランタへ帰る頃にはバテバテになっていることと思う。今回はプレゼンテーションはおろかブラジル自体始めてということもあり、プレゼンには会社概要、組織図等ありとあらゆる情報が含まれているので、80枚以上の大作になる。プレゼン中は時折休憩を入れるのはマストだが、それでもオーディエンスの集中力が続くかどうかは疑問ではある。それに加え内容を現地の方々にどの程度まで理解して貰えるのかということについても正直分らない。そういった意味もあってビジュアルを少し多目にし視覚に訴える作戦を立てている。

    このプレゼンテーションというものは場数をこなすことによってどんどん磨かれていくものなので、この4日間で少しでもプレゼンの技術をブラッシュアップしておきたいと思う。かくいう自分は基本的にプレゼンスタート時は何度やってもやっぱり緊張する性質なのだが、そこを如何にオーディエンスを笑わせるかによって場の流れを自分に傾けつつ終わりまで持っていくかについては苦労させられる。簡単に言えば笑いのネタを準備することなのだが、これは聴衆が笑うことによって場の雰囲気が一気に和み、それによってプレゼンターの気持ちにも余裕が生まれ、結果として聴衆との距離が一気に縮まるという図式である。実際に使ったあるネタがあり、くだらねーの一言なのだが、これが結構受けるのである。例えば「この製品群は日本製です、実は私も日本製です(made in Japan)」をサラッと言ったりすると、結構笑ってくれるのだが、しかしあくまでもさりげなく言うことがポイントで言い方に失敗すると逆効果になることもあるので注意が必要だ。

    この笑いの効果について、その力を知ったのは実は6年前の米国赴任当初に遡る。当時の米国人上司からいきなり、ホテルで勉強会があるので、そこでプレゼンしてくれと頼まれて「いきなりやれって言われても。。。」と不安だらけの中でプレゼンをしたことがある。とりあえず英文は暗記して質疑応答含めた40分x2セッションをこなしたのだが、途中で思いがけずユーモアの威力というものを知った。ある音声が発生する製品についてうまく説明できなかった時のこと、苦し紛れに効果音を連発させて聴衆の笑いを取ったことを覚えているが、あの硬かった空気が聴衆の笑顔と笑いで一気に柔らかくなるのをこの肌で実感した。ちなみに、その後の夕食会で「Beeper Man」と呼ばれ顔を覚えられている。恐らく米国人にはちょっと変なアジア人だくらいにしか思われなかったのかも知れないが、あの笑いのお陰で聴衆もプレゼン終了まで笑顔で聞き入ってくれ切り抜けられたことを覚えている。

    以来、プレゼンでは必ず笑いを入れるように心がけている。勿論全く受けず場が一瞬固まりそうになったこともあるので、毎回うまく行くというものでもないことは確かだ。

    ということで、再びプレゼン作成へ戻ります。
    スポンサーサイト

    【2005/04/29 10:57】 General | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://taroh.blog3.fc2.com/tb.php/24-235253ac

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。