めざせアトランタでPart-Time MBA
アトランタ駐在、ビジネススクール合格/MBAを目指し奮闘する日々を綴るblog
PROFILE
TAROH
  • Author:TAROH
  • GEORGIA州ATLANTAの日系企業に勤務する今年米国駐在6年目を迎えるサラリーマン32歳。ローカルビジネススクール入学とパートタイムでのMBA取得を目指し日々奮闘中。妻子供2人と共に2004年7月SOUTH CAROLINA州よりGEORGIA州へ引越し、現在に至る。横浜市港北区出身。大学時代は体育会系運動部に所属、運動に明け暮れる日々を過ごす。成績不振のためGMATでの挽回を期す。趣味はダイビングとテニス。
  • RSS1.0
  • CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    RECENT ENTRIES
  • 博打?(11/06)
  • 第一回GMAT(大敗)(11/05)
  • 来客(10/18)
  • これだから分らない株(10/03)
  • Myrtle Beach Trip(09/26)
  • またしても(09/21)
  • Ishares MSCI Brazil(09/18)
  • Huntsville Trip (09/13)
  • デルタ航空の危機(09/12)
  • Aftermath of Katrina(09/05)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (2)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (9)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (8)
  • 2005年04月 (13)
  • 2005年03月 (9)
  • CATEGORY
  • General (50)
  • TOEFL (5)
  • MLB (2)
  • Stock (2)
  • Brazil (2)
  • Atlanta (2)
  • LINKS
  • TOEFL 無料Structure演習
  • Robinson College of Business
  • MLB.TV
  • SEARCH

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    Myrtle Beach
    昨日、今日の二日間に渡って隣州にあるMyrtle Beachへ出張に出掛けた。Atlantaから東方面に350マイルほど行ったところにビーチ沿いの町がある。ここMyrtle Beachは以前まで主にブルーワーカー向けの観光地だったらしいのだが、最近では全米でも上位にランクインするほど人気が高くなっているスポットだ。今回の出張は車での移動、距離にして往復720マイル、時間にして6時間の旅である。二日間で走るのには少々キツイ距離と言えるが、この時期は飛行機を使うと往復500ドル以上もするので、ドライブするのが賢い。

    Myrtle Beachはその名の通り砂浜があり、夏は相当な数の観光客が押し寄せるが、実はゴルフのメッカでもあり、100コース近いゴルフ場が点在する。秋になるとニューヨークやシカゴなどからゴルファーが大量に南下してくるようだ。

    又、この時期にはHarley Davidsonに乗った白人集団が訪れるBike Weekが催され、ハーレーの数たるや9万台を越えるという。ハーレーのグッズを売る出店が街中に出現し、酒場は恐いおっちゃん達で溢れる。皆それぞれに特徴はあるものの黒のサングラスに口ひげを生やし、腕にはタトゥーというパターンが多い。

    更にこの後、ハーレーが去った後は日本製レプリカバイクに乗った黒人集団もやってくる。HondaやSuzuki等のレーサー型バイクに鮮やかなペインティングやステッカーを施し、いかにも派手好きな黒人好みという感じ。そしてハーレー軍団もレプリカ軍団も共に大量の金を落として去っていく。まるでイナゴの大群のように突然現れ、消費するだけしてそのまま去ってゆく。お蔭でMyrtle Beachの観光収入は潤うのだろうけれど、結構住民には嫌がられているようではある。それにしてもSouth Carolina州はヘルメット着用が法律で定められていないため、バイク好きには天国みたい所なのだろうな。

    さて、今回は出張だったので、勿論遊びは無しなのだが、夜ちょっと映画を観に行くぐらいはいいだろうということで、今巷で話題になっているStar Wars Episode III Revenge of the Sithを観賞した。まだ公開してそれほど時間が経過していないにもかかわらず映画館は見事に空っぽ、まるで貸切状態。多分10人ぐらいしか観ていなかったと思う。日本ではこんなことは考えられないが米国はこれが普通だ。お約束のポップコーンにコークを注文し、劇場のど真ん中の席に座って観賞する。それにしてもチケットよりポップコーンとコークが高いのには参る。ここで自分なりの結論を導き出す。ここは映画館ではなく、ポープコーン屋だと。映画はポープコーンに付随するサービスとして提供されるもので、本業はポープコーンを売ることなのだ。

    それにしてもEpisode III、最初から白熱した戦闘シーンに始まり、目がスピードに慣れるのに多少時間が。最後は多少強引とも言える形でEpisonde IVへと続いていくのだが満足のいく内容だった。ただ、ダークな部分が多いので子供には見せられないなと思った次第である。

    Highway.jpg

    高速のある一風景。このような景色が延々と続く
    スポンサーサイト

    【2005/05/27 14:27】 General | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://taroh.blog3.fc2.com/tb.php/32-25057004

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。