めざせアトランタでPart-Time MBA
アトランタ駐在、ビジネススクール合格/MBAを目指し奮闘する日々を綴るblog
PROFILE
TAROH
  • Author:TAROH
  • GEORGIA州ATLANTAの日系企業に勤務する今年米国駐在6年目を迎えるサラリーマン32歳。ローカルビジネススクール入学とパートタイムでのMBA取得を目指し日々奮闘中。妻子供2人と共に2004年7月SOUTH CAROLINA州よりGEORGIA州へ引越し、現在に至る。横浜市港北区出身。大学時代は体育会系運動部に所属、運動に明け暮れる日々を過ごす。成績不振のためGMATでの挽回を期す。趣味はダイビングとテニス。
  • RSS1.0
  • CALENDAR
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    RECENT ENTRIES
  • 博打?(11/06)
  • 第一回GMAT(大敗)(11/05)
  • 来客(10/18)
  • これだから分らない株(10/03)
  • Myrtle Beach Trip(09/26)
  • またしても(09/21)
  • Ishares MSCI Brazil(09/18)
  • Huntsville Trip (09/13)
  • デルタ航空の危機(09/12)
  • Aftermath of Katrina(09/05)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (2)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (9)
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (8)
  • 2005年04月 (13)
  • 2005年03月 (9)
  • CATEGORY
  • General (50)
  • TOEFL (5)
  • MLB (2)
  • Stock (2)
  • Brazil (2)
  • Atlanta (2)
  • LINKS
  • TOEFL 無料Structure演習
  • Robinson College of Business
  • MLB.TV
  • SEARCH

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    Form I-824
    先日はL1 Approval Notice(以下AN)を紛失してしまい、トロント行きをキャンセルするという失態を演じてしまったが、先週(金)にそのANの再発行申請を済ませた。

    再発行申請書はI-824と呼ばれるものでWaiting Timeが非常に長い書類として一部の間では有名になっているようである。再発行に7-9ヶ月かかると脅されてから2週間、半ば諦めの心境に至ってきた。

    会社の弁護士を通している関係で少しは早まるのではないかと期待していたのも束の間、弁護士からのメールを見て途方に暮れる。

    Thank you for the signed documents. I am sending out tonight, via Federal Express, the cases for you and your wife to the Texas Service Center in Dallas, Texas. Please note as I have indicated earlier to you that it will take many months for your cases to be processed. We are not legally able to have this type of petition expedited like we did with the L renewal petitions for you and wife in February. I will let you know when I receive the new approval notices.

    分っちゃいるけど何とかならないのか? そもそもI-824は何故ここまで時間がかかるのだ?

    「紛失したあなたが悪い」、「自己管理不足です」と言われてしまうと全くその通りで返す言葉も無いが、ここまで時間がかかるのにはやはり納得出来ない。

    本件についての情報を得ようと、直接トロントの米国領事館へ電話してみるが、全てVisa Service Centerという代表へ連絡するよう仕向けられる。

    結局一分$2.00チャージされるサービスへ電話して状況を説明してはみたものの、所詮はお役人相手、10分近くの料金をチャージされた挙句「再発行手続きしか確実な方法はありません」の返答。

    この再発行の遅さは、この国が戦時下(テロと)にあるということと関係があるのだろうか。

    兎にも角にも、これでは9月に予定していたブラジルはおろか、年末に一時帰国しようと考えていた日本に行くことさえ叶わぬものとなってしまう。

    米国大使館でのインタビュー期間も考慮に入れると年内のブラジル行きはどう転んでも難しい。

    まあ、ブラジルは来年挽回するとして、年末までに何とか書類が手に入らないだろうか。そうすれば日本で面接も出来て一石二鳥なのではあるが。何はともあれ運を天に任せるしかない、、、、、、か。。。

    スポンサーサイト

    【2005/07/19 07:46】 General | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://taroh.blog3.fc2.com/tb.php/48-92ae2386

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。